2012年08月20日

(PTR Patch 5.0.4)Guardian Druidの主要変更点

最近、WoWを日本語化するaddonの翻訳のお手伝いをさせていただいています。翻訳していて思うのが、これを作った第一人者様はどれだけ大変だったのだろうか、ということ。今は後継していただいているmilai様が代表して色々と編集されています。

このaddonを私は使ってないので実際どんな風に表示されるか分からなかったのです。そこで、PTRに入れて、表示させてみたのですが、これはなかなか良くできたものですね。もし興味をもたれた方がいらっしゃったらWoWJapanizerからダウンロードしてみてください。Curse Clientにも対応しているようですよ。


その翻訳ですが、おもにShaman,Druidを翻訳、チェックしていたんですが、DruidのGuardianもちょっとした変更があったりで、どうせならまとめてみようかと思います。


・Guardian Druid変更点

-Masteryの変更。:Mastery:Nature's Guargian
今までMasteryは攻撃がCritしたときにSavage Defenseというダメージを吸収するシールドを自分に貼り付け、Mastery値に応じて、そのシールドの吸収ダメージを増やすというものでした。
それが今回のPatchでMastery値が増えるとArmorが増えるというものになっています。


-Thick Hideの効果追加。:Thick Hide
Thick HideはArmor値が330%上昇と、Critical Hitを受けるチャンスが6%減り、Critを受けなくなるというものでした。
今回のPatchで上記の効果に追加でSpell Damage Takenが25%減るようになります。ただし、熊でないといけません。


-Savage DefenseがSkillへ変更。:Savage Defense
いままでPassive効果だったSavage DefenseはSkillへと変わっています。使うと6秒間、dodgeが45%上がるようになります。CDも1.5secと短く、効果は高いように見えますが、コストが60 Rageかかるので、CD毎に打つことは難しいかもしれません。


-Frenzied Regenerationの仕様変更。:Frenzied Regeneration
以前はRageを消費したHoTで、3minのCDでしたが、今回のPatchで60Rageを使って、instantで回復するようになっています。このSkillもCDが1.5secと短くなりましたが、Rageをかなり消費するので、Savage Defenseを使うか、Frenzied Regenerationを使うかでTankの手腕を試されそうです。Bossのスタイルによって使い分けが必要そうですね。Melee系であればDodgeが高い方がいいでしょうし、Spell系ならDodgeよりは回復を入れたほうがいいような気がします。Spellもdodgeするのかな?




大きな変更はこんな感じでしょうか。
あと、RestoのMasteryも効果時間が20秒に延びています。これもなかなかうれしい変更ですね。


ラベル:wow_druid mop
posted by vivimofu at 18:51| Comment(0) | WoW_Druid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。