2012年11月25日

MV 10man Heroic Will of the Emperor

Will of the Emperor 10man Heroicまとめ


Health : 157M → 235.5M

DPS勝負な部分もあるため 2tank,6DPS,2Heal (3Tank 5DPS 2Healという構成もある)で頑張るほうがよさそう。

HeroicではNormalと異なり、Titan Gusが常に出ている状態で戦う。

Damage Scale Change
Titan Gus : 20k → 15k ダメージ自体は減っているが常に出ている

Emperor's Rage(小) :Health 169k → 295k
Skill 特に変化なし。

Emperor's Courage(中) :Health 186k → 316k
Skill 特に変化なし。

Emperor's Strength(大) :Health 422k → 759k
Skill Energizing Smash 150k → 250k 

Boss Ability
Devastating Combo : 5回 → 10回
Devastating Arc : 200k → 300k
Stomp : 150k → 300k

Bonus Attack
Opportunistic Strike : 500k → 1000k(1M)


Additional Mechanic
Titan Spark :Health 169k 1.69M←間違った情報すみません...桁を見間違ってました。
Rage,Courage,Strengthを倒した後にPOPする電気を帯びたコアのようなもの。倒した場所に出現する。

Focused Energy:POPするとRandomに1人をFixateする。
Energy of Creation:Titan SparkのHealthが0になるか、Playerの誰かに当たると使うSkill。8yard以内にいる全てのPlayerに750kのNature Damageを与え、今その場にいるAdd(Rage,Courage,Strength。Bossは除外)のAttack Speedを、2分間50%上昇させる。この効果はStackする。


Tacなど
常にTitan Gusが出ているため、DPSが常に25%上がっている状態で戦う。
NormalではAddを倒す位置は特に考慮する必要はなかったが、Heroicでは倒したその場所からTitan Sparkが出現するため、出来るだけRaidから遠い位置で倒すほうが好ましい。また、Titan SparkはKillしたときに爆発が起こるため、処理はRanged DPSで行う。
もし倒しきれないようであれば、防御Skillを使ってわざと当たって処理するという方法もある。MonkのZen Meditation,SpriのDispersionはここでも活躍。下に貼ったXurgeさんのところの動画が分かりやすい。(序盤の0:50と1:18のところ)
出来るだけ処理しやすいように、Rage2体は近い位置でKillするほうが良い。あまりバラバラにしないこと。

Melee DPSは大、中のAddを優先して叩くほうがよい。特に大のほうはTankにAggroが行く前に叩きに行き、率先してターゲットを取り、Raidから離すように心がける。

中の処理がより大変になるが、Snareは確実に設置し、Tankに到達させないように注意すること。
HealerはManaとの勝負。TankがDevastating Comboにあたらないことを祈って頑張る。

もし3Tank Tacでやる場合は、1人は完全にSpark担当。連続で受けると死んでしまうので、Healthの回復を見て、受けるようにすること。3Tankでやっているところは必然的に2Healになるので、Healerは頑張る。


↓Xurgeさんのところの動画。
ラベル:Mogu'shan Vaults
posted by vivimofu at 19:21| Comment(0) | Raid Tactics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MV 10man Heroic Elegon

Heroic Elegon 10man まとめ


Health: 294.4mil → 339.8mil

基本的にやることは変わらないが、Phase 1で出てくるProtectorのSkillが変わる。
Energy Vortexは中に入っているときは中に入っているものにしか攻撃、Healは飛ばせず、また、逆に外側にいる人は外にいるものにしか攻撃、Healが出来ない。
Phase 1で出てくるProtectorも同様の効果を受けるため、25%以下のAEは外に出してしまえばRaid MemberにDamageがいくことはない。Total Annihilationも然り。ただし、Total Annihilationには大きな変更点があるので注意。以下記載。

Elegon's Skill Damage Scale up
Phase 1
Grasping Energy Tendrils(Grip): 175k → 350k(Tank以外はほぼ即死)
Celestial Breath: 60k(1tick) → 65k(1tick、3tickで195k)

Phase 2
Energy Charge Health: 492k → 739k
Discharge(Energy Charge破壊時の全体AE): 33.7k → 40k 6つ壊れると240k

Phase 3
Empyreal Focus Health(柱): 1.38M → 1.97M
Energy Conduct(電気の壁): 200k → 500k(即死)
Unstable Energy(全体AE): 18k → 25k
Energy Cascade(電気の渦): 175k → 225k
Cosmic Spark Health(Add): 788k → 1.18M

Last Phase
Radiating Energies(内側): 17.5k → 25k
Radiating Energies(外側): 50k → 75k


Phase 1のCelestial Protectorについて
Arcing Energy: random 2 target 95k → random 3 Target 100k
Stability Flux(25%以下時のAE): 22.5k → 65k


Total Annihilationの変更
Damage: 200k → 500k

HeroicではTotal AnnihilationでDestabilizing EnergiesとDestabilizedというDebuffを付ける。
Destabilizing Energies:Total Annihilationを受けたものに付くDebuff。2秒毎に45kのDamage。Stun効果。Healthを80%以上まで戻すと消える。
Destabilized:2min DurationのDebuff。Destabilizing Energiesが消えたときに付く。このDebuffを持った状態でTotal Annihilationを受けると即死。

また、Total Annihilationを誰も受けなかった場合、Wipe確定のCatostrophic Anomaly(Raidへ950k Damage)が発動する。


tacなど
基本的な動きは変わらないが、ProtectorのAEとTotal Annihilationの仕様の変更に注意する。Total Annihilationは必ず1人は受けなければWipeになるため、受ける順番は決めておく。防御CDを駆使すればTankでなくても死なない。85%までに2体、50%までに3体を目安にがんばる。

Phase 2でのEnergy ChargeはEnergy Vortexの影響を受けないため、破壊時のDamageはどこにいても入る。そのため、Normalと同様にDebuffはこまめに消すようにすること。(5stack以上は必ず消すようにする)Chargeを破壊する回数は4回ずつ。DPSが高ければ5回やっているGuildもあるが、よほど頑張らないと厳しい。

Phase 3ではとにかく早めに柱を破壊。2M近いHealthがあるため、1人ですぐに削りきるのは困難。2本ずつを確実に壊すほうがよさそう。その場合は左右で対応する柱から破壊するように相談しておくこと。
柱が壊れるまでの時間が長いとその分Addが出る数も増えるため、Tankはあまり抱えすぎないように注意。CCなどを駆使して少しKite気味に集めていくと良い。HealerはTargetを取ったらTankの近くにいくか、Threatを消すSkillを使うなどすると良い。Warlock のGateをくぐるとThreatが消えるので便利。
DPSはむやみにDDをしない。Phase 3は地味にDamageが多いので、HealerのManaが削られる。そのため、余計なDamageは食らわないようにするのも重要な事といえる。(ここに限ったことではない)

Last PhaseではとにかくHealer頑張る。NormalよりもAE Damageが増えているため、いかにこのPhaseでmanaに余力を残しておくかが重要。ただ、HeroicではTotal Annihilationの仕様が変わっており、CD Skillを残しておけるため、NormalよりはManaに余裕があるかも。

Energy Vortexの仕様の変更で内から外、外から内へのHeal,DDが出来なくなっているので、その点を踏まえて、Healをする側も受ける側も注意しておく。

一番気をつけるのはTotal Annihilationを受ける順番なので、Tank,DPSでその順番を決めておくこと。Healerは受けないようにする。Healerが受けてしまうと、Healthが80%以下になった場合、Stunが入り、もう一人のHealerも外に出てHealしなくてはならなくなり、Tankを落としてしまう可能性が大きい。
受けるときのDamageにも十分気をつけること。MonkのZen Meditation、Shadow PriestのDispersion、FeralのSymbiosisでのDispersionなどはかなり効果的。もしそのClassがいない、もしくは少ない場合は防御CDの効果の高いDPSで回すようにする。
Tankが受けるのはそれぞれの最後のProtectorにする。そうしないとTank Changeが遅れる(もしStunが入ってしまった場合)のでTankが落ちやすくなってしまう。
いかにDPSを集中できるかが重要なので、Burstするときの練習はしておくほうがいいでしょう。
ラベル:Mogu'shan Vaults
posted by vivimofu at 18:12| Comment(0) | Raid Tactics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

ちょっとだけ詳しいFeralローテーション

FeralでのDPSローテーションはFeralをやろうという人にとって、一番最初の、そして一番重要な問題です。
この大きな壁に相対したとき、管理するものの多さと、やることの多さに挫折することの多いSpecとなっています。
今まで(cataまで)は、mangleの効果(Bleed Damage up。今はもうなくなった)が1minに延びた分、細かく秒単位でSkillを回すと言う事を意識しなくても良かったのですが、MoPからはSelf Buffが増え、Skill自体も増えた分、その管理も細分化し、より複雑になっているように感じます。

実際、管理する物の数はやたら増えており、Talentによるものを含めると(下記にて説明)6つほど。数で見ると多いように感じますが、一番大変なのは慣れるまでの時間です。慣れてしまえばあとはCPを溜めることに集中できます。

では、どこに気を付ければいいのか。
とにかくFeralはDoT Classです。Damageの半分はDoTで出来ています。残り半分は優しさ Direct Damage。

DoT Classにおける最重要ポイントは、いかにDoTをKeepしていられるかです。
そのことを踏まえたうえで、Feralの重要なSkillを紹介。

DoTの種類は3つ。Rake,Rip,Thrash。ただし、主にKeepし続けるべきはRakeとRip。
DDの種類は3つ。Mangle,Shred,Ferosious Bite。ただし、Mangleは前方からしか叩けないBoss専用なので、基本はShred。
Self Buffの種類は3つ。Savage Roar,Predatory Swiftness,Omen of Clarity。実際に管理すべきものはSavage Roar。
Debuffの種類は2つ。Faerie Fire,Weakend Blows。実際に管理すべきはFaerie Fire。


ではローテーションはいかに回すか。
まずは基本ローテーションを紹介。
0.Aggro前にSavage roarを入れておく。(Glyph必須:Glyph of Savagery)
1.Stealth状態からChargeしてRavage。(Talentを取っていなければ即座にBossの後方へ)
2.Faerie FireでArmor debuffをいれる。
3.Rakeを常にキープ。
4.Combo Pointが5になるまでShred(前方からしか叩けない場合はMangle)
5.Ripを常にキープ。

もしSavage Roarが切れそうならbuff up。
Savage Roar,Ripが6〜10秒残っている状態でComboPointが5つある場合はFerocious Bite。

主に管理するものは
Energy
Rake (15sec)
Rip (16sec + 6sec[GlyphによってShred,Mangleを使うと延びる])
FF (30sec Armor Debuff)
Savage Roar (18sec[12sec]〜42sec[12secはGlyphを入れたときのCPなしで付く場合] Self Buff)
各種CD(TF,Berserk,HotW,NV,Innervateなど)

DoC選択時はPredatory Swiftness (8sec)
DoC (30sec Healing up,Damage upともに)

特に必ずKeepしないといけないのはSR,Rake,Rip。


以下、基本が出来たあとに心がけておきたいこと。
・Omen of ClarityのProcではThrashを使う。
ThrashはDoTの1つで効果時間とそのDamageもかなりのものになります。ただし、普通に使う場合のEnergyの多さ(60energy)が曲者で、Thrash打ちまくってしまうとDamageはあまり出ません。さらにCombo Pointも付かないため、Single Targetに対し使う場合はデメリットのほうが大きくなってしまいます。
そのため、costをなくすOoCのProcではThrashを使うことでその大きなデメリットを解消することが出来ます。
ただし、このDoTをKeepし続ける必要は無く、Procしたときに入れるだけで十分です。
もし、まだ慣れていないという人はShredかRakeで使うようにしましょう。

・Tiger's FuryはCDが上がるごとに使う。
Tiger's Furyは30秒CDなので、かなりの頻度で使うことが出来ます。energy restoreもされるのでCDが上がるごとに使うのがベストです。また6秒間Physical Damageが15%上がるので、このタイミングでRake,Ripを使うとより効果的です。

・BerserkはEnergyに余裕があるときに使う。
Berserkは3minCDのEnergy消費を50% cutしてくれるかなり有用なCD Skillです。が、使った時点でEnergyがrestoreされることは無いので、使うタイミングは気をつけましょう。Berserkが発動中はTiger's Furyを使うことが出来ないため、energyが0に近い状態では使わないようにしましょう。


Talentによって入れるSkillも増えるので下記にて紹介。

DoC Base
上記ローテーションをこなしたあとに、

6.Predatory Swiftnessで8秒以内にHealing Touchを誰かにいれる。基本的には自分に入れるでok。Mouse over Macroを組んで誰かに使うようにするとなおよし。
7.DoCのBuffを付けたらRakeもしくはRipの更新はしておく。Combo Pointが無い場合はShredでok。

これが基本の流れ。あとはTiger's Fury,Berserk,Nature's Swiftness + Healing Touchをいれればok。
以下、注意点として

・DoCのHealing up効果はTranquilityには適用されない。
Damage Skillを使った時にHealing upのBuffを付けるDoCのTalentですが、Tranquilityには適用されないので、Raid Damageが多い場合は即座にTranquility入れましょう。(ただし、Healerさんとの相談はしておくこと。)



HotW Base
基本ローテーションは同じ。

HotWの使用すべきところはBossに近寄れないとき。例えばMVの2nd(Feng the Accursed)のEpicenterを使うタイミング。本来はHit Chanceが75% Cutされるのだが、HotWの効果でHit Chanceが100%上乗せされるため、Wrath Spamで十分なDamageを与えられるとのこと。

HotWを使用した場合はとにかくWrathを打ちまくるのが良いらしいです。
ただし、リリース時に比べHotWの効果がNerfされたので、今HotWを取っているDruid自体が減っていっているようです。(PvPは除く)


NV Base
基本ローテーションは同じ。

NVをどのタイミングで使うかというのが一番のポイント。Berserkと同時使用すると効果が高いです。開幕に使うのであれば、
0.SR(Glyphed)
1.ProwlからRavage
2.NV
3.Berserk
4.Rake
5.Shred
6.CPが5になったらRip
7.Berserkが切れたらTF

という流れを組むとNVの効果時間をより有効に使える。
どんなTalentでも共通していえることなのですが、CDを使う場合はEnergyに余裕があるとき。出来れば70以上は最低あったほうが良いです。
macroを組んでおくとらくちんです。

/cast Nature's Vigil
/cast Berserk

この2つだけで同時に発動できます。NVのよさはGCDが付かないため、即時発動できることです。
FeralではGCDにかかってSkillの発動が出来なかった。ということが少ないのですが、上記のローテーションでいうならば、開幕Ravage後に即NV+Berserkを使うとNVは発動するけれど、Berserkだけが発動しないということもあるかもしれません。使ったときはBuffの状況を確認してBerserkが付いてるかを見るのが良いでしょう。


まあ、もったいぶって同じような内容の記事をあげてしまいましたが、私が伝えたかったのはDoCのときのローテーションですw


ついでにTier 2のTalentはNature's Swiftnessがより効果的とされています。その理由として挙げられるのは、CDが1minと短いこと。さらにどのFormでもNature's Swiftnessを使った後のCastでFormが解ける事がないということ。さらにNature's Swiftnessを使用後のHT,Nourishは効果が1.5倍。Roots,Hibernate,Cycloneは効果時間が1.5倍になるおまけ付きです。(Rebirthもinstantになる)
うまく活用して「出来るCat」を目指しましょう(*´∀`)
ラベル:wow_druid
posted by vivimofu at 14:01| Comment(4) | Feral Druid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。