2013年01月15日

ToES 10man Normal Tsulong

ToES Tsulong Normalまとめ

2Tank 5DPS 3Heal
Boss Health: 174.5M
Enrage time: 8min

Phaseは2つ。
Day PhaseとNight Phaseがあり、Night Phaseから戦闘が始まる。Night Phase ではTsulongと戦い、Day Phase ではTsulongをHealするという特殊Encounter。

Night Phase
Dread Shadows : 2秒毎に30kのShadow Damageを与え、Dread ShadowsのDamageを10%上昇させるDebuffを付ける。Dread ShadowsのDamageが入ることでDebuffのStackが増える。Sunbeamに入ることでStackを消すことができる。

Nightmares : ランダムターゲット1人に狙いを定め、そのターゲットの8yardの範囲にFear Zoneを生み出す。そのAreaが表示された数秒後にその範囲内にいると110kのShadow Damageと3秒間のFearを与える。Meleeには来ない。

Shadow Breath : Boss前方へのAE。240kのShadow DamageとShadow Damage Takenを100%上昇させるDebuffを付ける。DebuffはStackし、30秒間持続する。

Sunbeam : Tsulongが召喚する光の柱。その中に入ることでDread Shadowsを無効化することができる。ただし、多くのプレイヤーがその中に入ることでSunbeamの範囲が狭くなり、入りすぎると消えてしまう。


Day Phase
Sun Breath : Tsulongの前方へのAE。Shaに対しては1.2MのNature Damageと8秒間のStunを与える。プレイヤーに対してはBathed in LightのBuff(25%のManaを回復させ、6秒間Healing Done 500% up)をつける。



・Embodied Terror(大Add) Health : 3.7M
Terrorize : Tsulongとランダムターゲット1人につけるDebuff。TsulongについたDebuffは10秒間、2秒毎にTsulongの最大HPの2%分のDamageを与える。プレイヤーについたDebuffは、10秒間毎秒、現在のHPの20%分のDamageを与える。Dispel可能。RogueはCloak of Shadowsで消せる。



・Fright Spawn(小Add) Health: 697k
Embodied Terrorを倒した後に 5 6体湧くAdd。
Fright : 2sec cast。ターゲットに82kのShadow Damageと2秒間のFearを与える。Dispel可能。Interrupt可能。



・Unstable Sha(中Add) Health : 1.0M
Unstable Bolt : ランダムターゲットに対し165k Shadow Damageを与える。CastをするごとにUnstable Shaは最大Healthの15%を消費する。

Instability : もし、Unstable ShaがTsulongにたどり着くと、Tsulongに対し2MのDamageを与え、Unstable Shaは消える。


Tac
Night PhaseはDebuffの管理が重要。Tank Changeのタイミングは基本、BreathのDebuff 1 or 2 Stackで交代。Gearの揃い具合で変わってくると思うが、2Stackある状態でBreathを受けると落ちる可能性大。

Sunbeamを中心にしてTank・Sunbeam・Raidという感じで位置取りするとよい。Raidはできるだけ集合気味にするとHealをもらいやすい。が、Nightmaresが来た時にみんなで動かないといけないのでDPSはちょっと落ちる。
DebuffのStackは10前後で消すと楽。Sunbeamにちょこっと入るくらいでは消えない場合があるので、Debuffが消えたのを確認してから外に出ること。

Phaseの切り替わりは完全に時間制。各Phase 2分で、3回目のNight Phaseが来たらEnrage。

Healで稼ぐよりはDamageで稼ぐのが効率良いので、Heroismを使うのはNight Phaseがいい。

Day Phaseに入ったらHealerはTsulongの前方に立ち、Breathを受けやすくする。Day Phaseに入って少しするとEmbodied Terrorが出現し、それはTankがCatchする必要がある。Sun Breathを当てるのはFright Spawnが湧いた時がよいので、Timerを見てDPSの調整をする。もしタイミングがずれてしまった場合は、早めに小AddをKill。Fearを使ってくるので、AE Stun,AE Silentなどは重宝する。

Sun Breathのタイミングのちょっと前にTsulongは向きを変えることがあるので、Tankは向きをよく見ておくこと。
DPS陣はTsulongに向かってくる中Addの処理は早めに行う。Knockback、Stunなど有効なので、Tsulongに到達しそうになった場合はそれらをうまく活用する。

HealerはSun Breathを受けるタイミングでCast Speed up SkillやHeal upのSkillを重ねるのが効果的。特にHoly PriestのGuardian Spirit、Mistweaver MonkのLife cocoonなどはこのタイミングで使うと良い。PaladinのLay on HandsはTsulongに対しては全く効果がないので、使うだけ無駄。

TerrorizeのDebuffは必ず消すこと。Raid Healも必要になるので、AE Healなどをうまく活用しながらHealすること。


特に注意することはDay PhaseからNight Phaseに移る時。中Add、小Addが残った状態でPhaseが切り替わるとWipeになる可能性がある。特に小Addは残っていると厄介なので最後のSun Breathで焼いてもらうようにすると安定しやすい。
Night Phaseへの切り替わり時にTsulongに入っているHoTなどは消えずにそのまま残るので、Dispel or Stealするのが望ましい。
2回Phaseを繰り返すだけなので慣れてしまえば簡単。


ちなみに、Tsulong戦で向かって右側に緑色の木が生えるのだが、この木にHealを入れ、Tsulongを倒すまで折らなかったらAchieveが付く。

posted by vivimofu at 20:21| Comment(0) | Raid Tactics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ToES 10man Normal Protectors of the Endless

ToES Protectors of the Endless Normalまとめ

1-2Tank 5-6DPS 2-3Heal
Boss Health: Protector Kaolan 93.1M
Boss Health: Elder Asani & Elder Regail 60.4M

Enrage time: 8min30sec

倒す順番で難易度が変わり、最後にKaolanを残すことでElite Modeに変わる。
Elite Modeになると、Dropするitemのilvl(496→503)が上がる。

Boss Ability
共通Ability: Sha Corruption
Bossを1体倒すたびに残ったBossに付くBuff。すべてのDamageが25%上昇し、Stack数に応じてAbilityが追加される。追加されるAbilityはそれぞれ異なる。最大2stack。また、このBuffが付いた瞬間に残ったBossを全快させる。

・Protector Kaolan(中央)
Touch of Sha : ランダムターゲットへ3秒毎に38.5kのShadow Damageを与えるDoTを付ける。Kaolanを倒すまで消えない。

Defiled Ground : Sha Corruptionが1つ付くことによって追加されるAbility。ランダムターゲット 現在のターゲットの足元にDamage Zoneを召喚する。踏むと110kのShadow DamageとDefied Groundの被Damageが10%上昇するDebuffを付ける。このDebuffは1分間持続し、Stackする。Defiled Groundは75秒で消える。

Expel Corruption : Sha Corruptionが2つ付くことによって追加されるAbility。Kaolanを中心にして30yardの範囲にDamage Zoneが発生する。このDamage Zoneは1.5秒ごとに175kのShadow Damageを与え、Kaolanから離れることによりそのDamageは減っていく。



・Elder Regail(向かって右側)
Lightning Bolt : 2sec cast。現在Targetしているプレイヤーに対し125kのNature Damageを与える。Interrupt可能。

Lightning Prison : ランダムターゲット2人に狙いをつけ、Targetされた4秒後に8秒間のStunと、そのプレイヤーの7yard以内にいるすべてのプレイヤーへ毎秒50kのNature Damageを与える。Stunが入った後にDispel可能。

Lightning Storm : Sha Corruptionが1つ付くことによって追加されるAbility。8 sec channeling。Regailを中心にして広がっていくドーナツ型のAE。初めは20yard以内にAE。次に20-40Yardの範囲、次いで40-60,60-80という範囲でAEが広がっていく。地面にEffectが出て1秒後にDamageが入り、その中にいたら350kのNature Damage。

Overwhelming Corruption : Sha Corruptionが2つ付くことによって追加されるAbility。Raidへ3秒毎に20kのShadow Damageを与える。Damageを与えるごとにOverwhelming CorruptionのDamageを10%上げるDebuffを付ける。このDebuffはStackし、30秒間持続する。



・Elder Asani(向かって左側)
Water Bolt : 2sec cast。ランダムターゲットへ105kのNature Damageを与え、さらにそのTargetの3yard以内にいるプレイヤーに対しても同じDamageを与える。Interrupt可能。

Cleansing Water : Bossのいずれかの足元に水溜りを召喚し、その上から水玉を落とす。その水玉が水溜りに到達すると、その水溜り上の3.5yard以内にいるすべてのtargetへCleansing WaterのBuffを付ける。BuffはHealing Receive 50% upと3秒毎にHPを3%ずつ回復させる。Bossについた場合、Dispel可能。

Corrupted Water : Sha Corruptionが1つ付くことによって追加されるAbility。中央に水のOrbを召喚し、そのOrbが破壊されるまでの間、BossのAttack Speed,Cast Speedが50%上昇する。また、Orb破壊時に15yard以内のプレイヤーへPurifiedのBuffを付ける。このBuffは20秒間、Attack SpeedとCast Speedを25%上昇させる。

Overwhelming Corruption : Sha Corruptionが2つ付くことによって追加されるAbility。Raidへ3秒毎に20kのShadow Damageを与える。Damageを与えるごとにOverwhelming CorruptionのDamageを10%上げるDebuffを付ける。このDebuffはStackし、30秒間持続する。


Tac
・Normal
Kill順はKaolan→Regail→Asani。この順番が一番楽。2TankでやるならKaolanとRegailをそれぞれCatch。Asaniは基本Tankingできないので放置。ただし、Water BoltをInterruptするとThreatが高い人を叩きに行くので、Asaniのみになるまでは、Interruptは基本入れない方がよい。
一番注意することはAsaniのCleansing Waterが今抱えているBossに入らないようにすることと、もし付いてしまったら早急にDispel or Stealすること。
Lightning Prisonは2名に来るので、Stunがはいったら即Dispel。Meleeに来たら、その人はMelee位置からちょっと離れる。
Kaolanを倒した後はRaidはできるだけ中央による。Corrupted Waterが出現したら即破壊。破壊する時はできるだけ皆Buffをもらうようにする。
RegailがLightning Stormを使うときはMelee陣は特に注意。Timerを見て、Bossがchannelingを開始したら早急に20yard離れること。Ranged陣は20yardのギリギリくらいに立っておき、少し前に出たら次のWaveを回避できるようにしておくとよい。
Asaniのみになったら後はDPSレース。Damage量がHealerの回復量を上回ってジリ貧になる前にKillすればok。
ちなみに1体倒すと残りのBossは全快するので1体へFocus DPSでok。
HoFを超えているRaidなら1,2回Tryすれば簡単に倒せる。

・Elite Mode
割と楽なKill順はRegail→Asani→Kaolan。
Regailを倒した後は、Kaolanが残っていることで 足元にDamage Zoneが出るので、Raidは散開  Tankの足元にDamage Zoneが出るので、抱えているTankはRaidから離れる。Asaniが残っているので中央にOrbが出る。Buffはできるだけつけるようにする(Orb破壊時)。HealがきついようならCleansing Water(水溜り)のBuffを付けるとHealing Receiveが上がるのでHealが楽になる。

AsaniをKillしたらRangedはBossから30yard距離を取り散開。TankはKaolanがExpel Corruptionを使うタイミングになったらBossの位置を変更。Expel CorruptionのDamage Areaは白いもやのようなものが出ているため、そのAreaから離す。Fieldを広く使うため、Expel Corruptionの範囲は極力重ねて出すようにする。Meleeが多い構成では倒すのは厳しいかもしれない(動きの速いMeleeなら大丈夫)。Elite Modeでやるなら1 Tank 6DPS(できればRanged多め) 3Healの構成がいいかも。

posted by vivimofu at 20:09| Comment(0) | Raid Tactics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

(追記)Challenge Modeについて

先日、Tellervoさんに連れられて初のChallenge Modeに挑戦してきました。Tel(Resto dru)さんほか、HeurekaのBeiowolf(Hunter)さん、Yamadakun(Tank Monk)さん、Telさんと同じ鯖にいらっしゃるMissileman(Mage)さんとScarlet Hallsへ。何の下調べもしてない私は、Gearで押せんじゃない?という甘ーい考えのもと軽いノリで行ってきました。(すみません...orz)

結果から先に言うと、無事にBronze Get!
というのも、1か月前からTelさん達は攻略のコツを模索していたため。その経験があったからこそのMedal。何も知らずに特攻したら、まずメダルは取れそうにないな、と実感。

なので、少しまとめてみます。

Challenge Modeで変わること
Challenge Modeを行うInstanceは現地集合が基本。
DFやRFに慣れてしまった人には苦痛かもしれませんが、Challenge Modeには、Queueを入れたら勝手にinstanceに飛んでくれる。なんていう便利なものは現在は実装されていません。基本的には自分の足で現地に行って直接入らなければなりません。各InstanceにはMeeting Stoneが設置されてはいますが、Summon待ちはせず、ちゃんと自分の足で現地に向かう癖をつけましょう!
ゆとりいくない!

MobたちのHealth,Damage Dealは著しく増加。
まず、チャレンジするにあたって、一番びっくりするのは各MobのHealthの多さでしょう。明確な数字は分かりませんが、おそらくHeroicの2倍くらいになっています。さらに、Damageも増加していますので、Tank以外がタゲをとれば、2,3発で逝けます。TankがCatchしていても、そのDamageが大きく、落としてしまうことも多々。Packが多い時のCCは確実に行いましょう。

対BossのTacはきっちり把握。
前項で述べたように、Trashでも簡単にWipeにつながります。それがBossともなると、Heroicのように、適当にやれば倒せる、なんて生易しいものではありません。DPSはいかに無駄なDamageを減らすことができるか、これが最重要ポイントになります。避けるべきところはきっちり避ける、防御Skillはしっかり使う、DPSをしっかり出す。これが重要です。
これを行うには、Tacを理解しておくことが一番の近道です。BossについたBuffや、Party MemberについたDebuffなどは、Heroicでどういう効果があるのかを把握しておき、消すべきものは消す様にしておきましょう。

Gearでゴリ押せない!
この記事の冒頭で書きましたが、私もGearでごり押せるだろうと考えていたので、反省しています。これはどういうことかというと、すべてのilvlが463に統一されます。ただし、463に達していないGearについてはそのまま。簡単に言うと、489→463。450→450。ということ。各GearについているStatusもilvlに伴ってDowngladeされます。これによる弊害は、CasterのHaste値などが変わってしまうこと。Haste Break Pointを現Gearで調整していたとすれば、間違いなく、Break Pointを下回ることになるので、DPSは格段に減ることになります。
ちなみに、Trinketについてはその効果の数値が減るようになります。
ただ、DPSのHit/Spiritの数値変化はないようで、Hit capについては気にしなくてもよいみたいです。
つまり、Gearをとにかく良くすればよいわけではなく、ilvl 463のものできっちり調整したほうがDPSは出せるようです。
とはいえ、463 gearにはついていないgem socketなど、いろいろなことが絡んでくるので、Challenge Modeで入ってみて、Statusの乗りをチェックして463ものよりも使えそうならそっちを使うようにするとよいでしょう。
Caster DPSとHealerがこの変更にかなり影響されるので、Haste値などは注意しておきましょう。

Mass Rezは使えない
Challenge Modeが始まったあと、そのinstance内ではMass RezなどのGuild Perksは使えません。おそらくこれは、Guild lvlが高いことによる優位性を排除するための処置なのでしょう。
また、普通のRezを行うときも、リリースしてしまうとrezをもらっても入り口での生き返りとなります。Wipeするならみんなで。Rezが来るならリリースはしない。これが時間短縮のための重要なポイントとなります。

Gear Changeすると、Gearをすべて脱いだ時のHealthに落ちる。
Challenge Modeのinstance内では、Gearを1つでも付け替えると、いったんすべてのGearを脱いで、再度着たという判断がなされます。なので、無駄にGearチェンジはしないようにしましょう。(花を持ったり、おしゃれ用Gearにしたり...)

Goldを目指すならno wipe
Gold Medalを目指すならwipeしたら無理と考えておきましょう。1,2回のWipeならSilverギリギリ。3,4回したら、Bronze or no Medalと考えておきましょう。ただ、リセットは何回もできるので、1st BossまでのWipeしたら思い切ってリセットするのも1つの手です。

Gearの摩耗はしない。
Challenge ModeではいくらWipeを繰り返してもGearのDurationが減ることはありません。気にせずいっぱいWipeしましょう :D

(追記あり)Dropはない。
Challenge ModeはあくまでもTime Attackです。それを阻害するItem Dropは一切ありません。なので、スルーできるMobは躊躇することなくスルーしましょう。
ただし、注意点が1つ。各instanceにはMedalを取るために必要なMob Kill数が決まっています。そのKill数に達しない状態でラストまで倒してしまうと、Mobがいなくなってしまったり、Mobがいるところまで戻れなくなってしまったりするので、そこは確認しておきましょう。(経験者は語る)

Challenge Modeは入り口のOrbをクリックしない限りは始まらない。
Time Attackだから、Instanceに入った瞬間に始まるんじゃないの?と思っていた私。Instanceに勝手に入っていいものかと思案しておりましたが、insに入ると目の前にOrbが置いてあり、それをクリックして、スタートを選ばなければ開始しません。なので、それまでにBuff upなどはしておきましょう。

(追記分)Tier Set効果は2pc,4pc共には出ない。
この効果を追加してしまうと、Raidをやっている人の方が圧倒的有利になってしまうからでしょう。いくらilvlが落ちても、Set効果が強かったら時間短縮になってしまう。それを防止するためだと思われます。


大まかな説明はこんな感じです。
すべてのinstanceでGoldをとると専用のトラモグセットがもらえます。頑張ってGold制覇しましょう!
特にShamanのみんな!!

ついでに各ClassのGearを。
Deathknight
Druid(頭と肩は多分光ってる)
Hunter
Mage
Monk
Paladin
Priest
Rogue
Warlock
Warrior
タグ:wow mop
posted by vivimofu at 16:30| Comment(2) | WoW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。