2013年01月13日

(追記)Challenge Modeについて

先日、Tellervoさんに連れられて初のChallenge Modeに挑戦してきました。Tel(Resto dru)さんほか、HeurekaのBeiowolf(Hunter)さん、Yamadakun(Tank Monk)さん、Telさんと同じ鯖にいらっしゃるMissileman(Mage)さんとScarlet Hallsへ。何の下調べもしてない私は、Gearで押せんじゃない?という甘ーい考えのもと軽いノリで行ってきました。(すみません...orz)

結果から先に言うと、無事にBronze Get!
というのも、1か月前からTelさん達は攻略のコツを模索していたため。その経験があったからこそのMedal。何も知らずに特攻したら、まずメダルは取れそうにないな、と実感。

なので、少しまとめてみます。

Challenge Modeで変わること
Challenge Modeを行うInstanceは現地集合が基本。
DFやRFに慣れてしまった人には苦痛かもしれませんが、Challenge Modeには、Queueを入れたら勝手にinstanceに飛んでくれる。なんていう便利なものは現在は実装されていません。基本的には自分の足で現地に行って直接入らなければなりません。各InstanceにはMeeting Stoneが設置されてはいますが、Summon待ちはせず、ちゃんと自分の足で現地に向かう癖をつけましょう!
ゆとりいくない!

MobたちのHealth,Damage Dealは著しく増加。
まず、チャレンジするにあたって、一番びっくりするのは各MobのHealthの多さでしょう。明確な数字は分かりませんが、おそらくHeroicの2倍くらいになっています。さらに、Damageも増加していますので、Tank以外がタゲをとれば、2,3発で逝けます。TankがCatchしていても、そのDamageが大きく、落としてしまうことも多々。Packが多い時のCCは確実に行いましょう。

対BossのTacはきっちり把握。
前項で述べたように、Trashでも簡単にWipeにつながります。それがBossともなると、Heroicのように、適当にやれば倒せる、なんて生易しいものではありません。DPSはいかに無駄なDamageを減らすことができるか、これが最重要ポイントになります。避けるべきところはきっちり避ける、防御Skillはしっかり使う、DPSをしっかり出す。これが重要です。
これを行うには、Tacを理解しておくことが一番の近道です。BossについたBuffや、Party MemberについたDebuffなどは、Heroicでどういう効果があるのかを把握しておき、消すべきものは消す様にしておきましょう。

Gearでゴリ押せない!
この記事の冒頭で書きましたが、私もGearでごり押せるだろうと考えていたので、反省しています。これはどういうことかというと、すべてのilvlが463に統一されます。ただし、463に達していないGearについてはそのまま。簡単に言うと、489→463。450→450。ということ。各GearについているStatusもilvlに伴ってDowngladeされます。これによる弊害は、CasterのHaste値などが変わってしまうこと。Haste Break Pointを現Gearで調整していたとすれば、間違いなく、Break Pointを下回ることになるので、DPSは格段に減ることになります。
ちなみに、Trinketについてはその効果の数値が減るようになります。
ただ、DPSのHit/Spiritの数値変化はないようで、Hit capについては気にしなくてもよいみたいです。
つまり、Gearをとにかく良くすればよいわけではなく、ilvl 463のものできっちり調整したほうがDPSは出せるようです。
とはいえ、463 gearにはついていないgem socketなど、いろいろなことが絡んでくるので、Challenge Modeで入ってみて、Statusの乗りをチェックして463ものよりも使えそうならそっちを使うようにするとよいでしょう。
Caster DPSとHealerがこの変更にかなり影響されるので、Haste値などは注意しておきましょう。

Mass Rezは使えない
Challenge Modeが始まったあと、そのinstance内ではMass RezなどのGuild Perksは使えません。おそらくこれは、Guild lvlが高いことによる優位性を排除するための処置なのでしょう。
また、普通のRezを行うときも、リリースしてしまうとrezをもらっても入り口での生き返りとなります。Wipeするならみんなで。Rezが来るならリリースはしない。これが時間短縮のための重要なポイントとなります。

Gear Changeすると、Gearをすべて脱いだ時のHealthに落ちる。
Challenge Modeのinstance内では、Gearを1つでも付け替えると、いったんすべてのGearを脱いで、再度着たという判断がなされます。なので、無駄にGearチェンジはしないようにしましょう。(花を持ったり、おしゃれ用Gearにしたり...)

Goldを目指すならno wipe
Gold Medalを目指すならwipeしたら無理と考えておきましょう。1,2回のWipeならSilverギリギリ。3,4回したら、Bronze or no Medalと考えておきましょう。ただ、リセットは何回もできるので、1st BossまでのWipeしたら思い切ってリセットするのも1つの手です。

Gearの摩耗はしない。
Challenge ModeではいくらWipeを繰り返してもGearのDurationが減ることはありません。気にせずいっぱいWipeしましょう :D

(追記あり)Dropはない。
Challenge ModeはあくまでもTime Attackです。それを阻害するItem Dropは一切ありません。なので、スルーできるMobは躊躇することなくスルーしましょう。
ただし、注意点が1つ。各instanceにはMedalを取るために必要なMob Kill数が決まっています。そのKill数に達しない状態でラストまで倒してしまうと、Mobがいなくなってしまったり、Mobがいるところまで戻れなくなってしまったりするので、そこは確認しておきましょう。(経験者は語る)

Challenge Modeは入り口のOrbをクリックしない限りは始まらない。
Time Attackだから、Instanceに入った瞬間に始まるんじゃないの?と思っていた私。Instanceに勝手に入っていいものかと思案しておりましたが、insに入ると目の前にOrbが置いてあり、それをクリックして、スタートを選ばなければ開始しません。なので、それまでにBuff upなどはしておきましょう。

(追記分)Tier Set効果は2pc,4pc共には出ない。
この効果を追加してしまうと、Raidをやっている人の方が圧倒的有利になってしまうからでしょう。いくらilvlが落ちても、Set効果が強かったら時間短縮になってしまう。それを防止するためだと思われます。


大まかな説明はこんな感じです。
すべてのinstanceでGoldをとると専用のトラモグセットがもらえます。頑張ってGold制覇しましょう!
特にShamanのみんな!!

ついでに各ClassのGearを。
Deathknight
Druid(頭と肩は多分光ってる)
Hunter
Mage
Monk
Paladin
Priest
Rogue
Warlock
Warrior
ラベル:wow mop
posted by vivimofu at 16:30| Comment(2) | WoW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。