2013年04月02日

かなりどうでもいい話。

ふと、思い出したことがあったので記事にしてみることにしました。

私のWoW歴はかなり長く、classic時代からやっております。と言っても、WotLKの序盤くらいまではRaidなんてやったこともなくて、当時、日本人の全くいない過疎PvP鯖でひっそりと内輪でPvPに明け暮れる毎日を送っておりました。
そのころは、classに対する思い入れもあまりなく、いろんなclassを作っては、こっそり楽しんでいるくらいのほんとにカジュアルプレイヤーでした。(ちなみに初めて作ったキャラはWarrior。)

その後、Warriorのあまりのマゾさ(Healができない、修理費がかさむ、mobを倒しきるgearも腕もない。ついには一時お蔵入り)に、何かhealができるclassをやりたいと思うようになり、Druidを作成。猫になれるというポイントが高く、一気にレベリングをしたものでした。

当時Talent treeはレベルが上がる毎にtalent pointが1貰え、それを3本のtreeに振って、Skillを強化していくようなシステムだったのですが、その英語を読まないで、とにかくclassが変わっても、似たようなアイコンだったら同じようなものでしょ!っていうかんじでアイコンだけで判断してポイントを振っていました。今となってはいい思い出w


そのころはpatchがいつ入るのかなど、調べることもせず、Patchが入る度にわくわくし、わくわくするくせに、英語なんて読まないものだから何がどう変わったのかなんて、やっていくうちに「へー、こうなったんだ」という感じで理解してくものでした。


そんなclassic時代はレベルを60(当時のlvl cap)にすることができず、気が付けばtBCが導入されていました。tBCでも、特にプレイスタイルに変化はなく、gankをされながら、いろんなクラス(Dru,Pri,War)を何とか70まで上げました。そのあとは内輪で作ったGuildでしたので、人を増やすという事もせず、固定のメンバーがPOPした時に5manに行ってみる(ただしNormal only)とか、そういった遊び方で、あとは3人とか4人という事が多くBG、Arena(3vはRMP:PriHealをしてました。2vはWar,Wlkとか、War,Dru:War Arms)に明け暮れる毎日でした。


WotLKが入った時に(厳密にはtBCの終盤)、内輪のGL(私の兄ですがw)のアカウントが凍結されるという事件が起こり、当時の鰤への連絡は直接電話をするという事しかなく(メールとかもあったけど、本人確認のために、結局電話が必要だった)、その電話をあきらめたGLはWoWを引退してしまいます。
それを機に周りのGuild memberはpopしなくなり、ついには残った3人で鯖を移動しようという話になりました。

とにかく日本人がいる環境というのを味わってみたかったのです。鯖移動に際し、内輪で話をして議論されたのは、PvP鯖か、PvE鯖かということ。


私はもうすでに、PvP鯖におけるgankに嫌気がさしていたのです。レベリングもろくにできないし、かといって、gankをやり返す腕もない。もう、とにかくBE♂Paladinを見るだけで殺意を覚えるくらい、PvP鯖のgankというものが嫌になっていました。(この殺意は今でもあります)

その旨を伝えると、それならPvE鯖でいいんじゃない?日本人多いとこがいいならProudmooreじゃない?という事になり、移動したのでした。

PMに移動し、すぐのころだったか、Borean TundraとDragon Brightの狭間にある、氷のエリアでMobと戦ってるPvPフラグを立ててた牛Warを見つけ、何の迷いもなくKillしてたなあ(遠い目)


と、今までの経緯をダラダラと書きましたが、本題はこれから。
PMに移った時にお世話になったHarapeko Soul。Guildに入る際、メインキャラとスペックを聞かれ、そんな概念のなかった私は、当時、割と好きだったDruidをメインとし、メインスペックをレベリングで慣れていたFeral(猫)を選択したのでした。

その時にはDual Talentが実装されており、オフスペックはどうする?と話をされ、猫以外触ったこともなかった私は時間をちょっといただきたいとお伝えしました。

その後、Raidにも参加させていただいて、Raidにおける各classの役割とか、どんなことができるとか、そういうのをちょっとずつ習っていき、ようやく、スタートラインに立った時、当時の構成でMoonkinがいないというのがあって、「じゃあ、Moonkinやってみよう。そしたらRaidの構成的にもいいんじゃない?」と思い立ち、即座にRLであったTriglavさんギルドチャットにて、オフスペックについてお話をしたのです。



私「オフスペック、いろいろ悩んだんですが、moonkinにしようかとおもいます。」
Triさん「お、了解しました。いやあ、しかし、猫とモフとは、viviさん、なかなかやりますね。」

とあるギルメン「viviさん、どっちもDPSスペックにするの?ドSだね!!

Guild member「viviさんはドSだwwwww」



その時以来、私はHarapeko Soulにおいて、ドSキャラに位置付けられ、とあるBのつくHunterのある日の日記によってSSが晒され、その確固たる地位を確立してしまったのでした。。


結局、Moonkinをやることはなく、その後Restoへと転身したのですが、何の因果か、いまはMoonkin / Catという最終的にはドSチョイスをしているViviなのでした。

ほんとどうでもいい話&無駄に長い記事ですみませんww
ラベル:wow
posted by vivimofu at 03:29| Comment(0) | WoW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。