2012年09月24日

拡張導入時の準備

ついに明日にはMoPが導入となります。

in gameにおいて、準備しておきたいことを今更書いておきますw

といっても、ほんとに2,3個なのでもう終わってる方もいると思いますし、もっとあるよ!って思う方もいるかもしれません。
個人的なものなのでまあ、参考までにw


1.荷物の整理。
拡張が入ると、悲しいかな、今まで必死に集めた装備もクエストrewardのものにあっさり更新されてしまいます。現行レベルのHeroic物だと、1,2レベル上がるくらいまでなら使えるかもしれませんが、まず、すぐに用無しになると思っておいてかまいません。
現在ではトラモグで見た目が変えられるので、今もっているものも見た目変更などで使えますが、見た目に影響の無い装備(neck,ring,trinketなど)などは、使いそうに無いもの、すでにBankで眠っているものなどは売ってしまってもいいかもしれません。

カバンなどは出来るだけ空きを増やしておいたほうが、クエストをやっていく上で安心できます。

よくありがちなのが、Professionの素材が多くてBankに空きがない!という状態ですが、もし、素材を売ったりするのはちょっとなあ。。。と思われる方はBank専用のキャラを作っておくと良いでしょう。

もし、Blogなどをやってらっしゃる方はできるだけおもちゃアイテムなどは持ち歩いたほうがSSを撮るネタになります。が、そのときもカバンの空きには注意しましょう。おもちゃだけでカバン2個分!とかいう人もいるようですww(ちなみに私はおもちゃは15個くらい)


2.レベリングのSpec調査。
DPSで主にやってる方には問題ないと思いますが、Healer,Tankを専門にやってる方はPatch 5.0が入ってDPSに大きな変更の入っているClassもあります。今までのように出来なくなっている場合がありますので、前もってOff Specは触っておきましょう。

また、Talentはlvling用、PvP用、Raid,Instance向きなどあるので、ほかのTalentにしてみてlvlingに適しているものを自分なりに探しておきましょう。


3.新Classを育てる。
拡張において追加のClass,Raceというのはとにかくみんながやりたくなるものです。ということはそのZoneはめちゃめちゃ人が多いということです。マシンスペックが低めの方はおそらくFPSがかなり大変なことになるでしょうwこれについては、導入後即レベルを上げて人が少ないとこにダッシュするか、後回しにするかをお勧めします。
ゆっくりマイペースに進めたい人は後者が良いでしょう。
また、新Classを作るうえで、ある程度の下調べはしておくことをお勧めします。作ったけど、何もわからない。ではそのキャラへの愛着も、ぐっと減っていってしまいます。そのClassをある程度知った上でやるとlvlingも早くなるのでお勧めです。

もし、新ClassをMainとしてRaidなどをやっていく方は特に下準備はきっちりやりましょう。ProfessionをあげるためのMatsやBoAの装備などは先に準備しておくとより早いです。



3つ項目を分けて書きましたが、一番重要と思われるのは1です。整理は思い切ってやっちゃいましょう。


さらに加えるとしたら、リアルのほうのご飯とか飲み物の準備ですかねwww
もしかしたら、これが一番重要なことかもしれませんw
ラベル:wow
posted by vivimofu at 20:17| Comment(4) | WoW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日パスタを茹でればいいんですよ!
むしろカレーの作り置きデスカネ。
(保存はzip袋、作り置きは紙皿で食べるとか)

ち、ちゃんとごはんつくりますヨ
Posted by おとよ at 2012年09月25日 01:55
>おとよさん
最近、ピザの箱を集めるとか何とかって、とぅいったーで見た気がしますが、気のせいですよね。
Posted by vivi at 2012年09月25日 13:26
おもちゃは入りっぱなしだけどBagスペースはなるべくあけました!
OSの準備もしました!
あとは正座してまっています('ー'*)
Posted by Kiiro at 2012年09月25日 14:45
>Kiiroさん
あとは、パソコン周りの手を伸ばせるスペースに食料、飲み物を置いとくですね!!
Posted by vivi at 2012年09月25日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。