2012年09月28日

(MoP lvling) Feral Druid

Hi,Guys!Do you Enjoyed lvling in MoP!?

というわけで、MoPが入ってのレベリング楽しんでますかー?
WoWのレベリングは色々な物に手を出して、遅々として進まないことが多いですが、とにかくレベルを上げきりたい!!っていう方もいることでしょう。

もしかしたら、Feral Druidでlvlingする方がいるかもしれないので、とりあえずそのコツを書いておきます。


まずは、レベリングでとにかくクエストをこなしまくってあげるタイプのあなた!

そんなあなたは、まず、TalentはFeline Swiftnessがお勧め。猫では足が速くなるので、エンチャント無しで144%(確かこのくらいだったかな?)になり、快適に進められます。
Glyph of Savageryはつけて置くほうがいいです。猫をやる上でこれは必須です。

ローテーションは

1.もし上記のGlyphをいれていたらSavage Roarをつける。
2.StealthからのRavageもしくはFaerie Fire
3.Rake
4.Combo pointが5になるまでMangle
5.Combo pointが5になったらRip

これが基本。
もしGlyph of Shredをつけていた場合、BerserkTiger's Furyを使ったら、敵正面からでもShredが使えるので、activeのときはShredを使いましょう。

RipやFerocious BiteやMaim、Savage Roarなど、Combo pointを消費して行うSkillをFinishing Moveといいますが、このFinishing Moveを行った場合、そのcombo point1つに応じて、20%の確率でPredatory SwiftnessというBuffがつきます。このBuffはNature系の魔法をinstant castにするだけでなく、Formを変えることなく使うことが出来るものです。
このBuff、実はものすごくいいもので、ソロでやる場合、instanceでEntangling RootsなどのCCをする場合でも重宝します。

Finishing Move後は自分のHealthを確認し、減っているようであればHealing Touchを使って回復するようにやると、はっきり言って、ずっと戦っていられます。

AEのときが一番Healthが減ると思いますが、これも、Thrash後のSwipeでCombo pointを溜め、Savage Roarか、RipでBuffをつけ、Healthを見つつ、Healing Touchを使っていくと良いでしょう。


次にクエストは2の次!とにかくInstanceであげまくるぜ!というタイプのあなた。

そんなあなたは、TalentはWild Chargeを取りましょう。
ローテーションは上記ローテーションのMangleをShredに変え、とにかく背後からShred連打!Mangleは前方しか取れないとき以外は使いません。

このローテーションは後々Raidをやる上で必要になってきます。体に覚えさせるとよいでしょう。

CCやBuffなどは逐一確認できるようにしておくといいですよ。


どちらにしても、やることはほぼ変わりませんので、がんばって90を目指しましょうー(*´∀`)ノシ
ラベル:wow_druid
posted by vivimofu at 19:33| Comment(0) | Feral Druid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。